浮気による離婚の場合

離婚を決意した理由が夫の浮気である場合です。一般的によくある?事由です。しかし、理由の如何に問わず妻としては許せないことではあります。
ただ、浮気と一言で言っても、例えば、出会い系サイトなど一時の欲望を満たすだけの場合もあれば、恋愛にまで発展している場合もあります。
裁判上での浮気(不貞行為と言います)は、一般的に継続的な肉体関係をさします。 いわゆる肉体関係のない気持ちだけの浮気は不貞行為とは言いません。 しかし、一般的な度を越す場合は、不貞行為というより「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたる可能性があります。
また、肉体関係が一度だけという場合は、その一度をもって不貞行為にあたるかというと、難しいところではあります(気持ち的には許せないでしょうが、裁判上の見解として)。つまり、一度の肉体関係はあったのですが、悔い改めて、これからは家族を大事にしていくという気持ちがあれば、不貞行為とまではみなされない可能性が高いということです。
結局、実際に法律を運用しているのは、裁判官という人間なのです。そのため、本人が反省して一生懸命やり直す努力をしている場合は、離婚が認められない場合があるということです。