独立開業型資格は役に立つ?

例えば、行政書士や社会保険労務士は会社に置け!とは法律に書いてません。ということは、別段いなくてもいいわけです。
この辺り、資格取得を考える方には結構重要ですよ。将来的にでも、資格で独立開業したいしたいかどうか。
もっというならば、新米の社労士先生や行政書士先生より、総務事務を長年やった、スーパーおば様の方が詳しかったりする(勿論、勉強している専門家の先生になると凄いレベルです。ちょっとした実務という意味)
あ、社労士は、わかりずらい方も多いですよね。会社内でいうと、総務や労務の専門家です。経理もそうですが、別に税理士や簿記を持ってなくても、社内で経理をやるのは問題ありません。
でも、ここが大事なのですが、独立型資格(社労士・行政書士・弁理士・弁護士・司法書士など)は、独立する気がない場合は、取得してもあまり価値がないということです。いや、誤解しないで下さい。勉強時間をする時間に価値がないわけではありません。
会社勤めをしている限りあまり価値がないというか・・・。勉強する時間など、犠牲にする時間を考えるとあまり薦めない・・・。
取得するには、時間、お金。エネルギーがかかります。子供が独立した後、将来にでも活かすなど。何か明確に目標をもってからにしましょう。