得意技をもって、社労士で独立の主婦の先生

コーチングを活かした人事制度構築へ活躍していらっしゃる、主婦の社会保険労務士の先生へインタビューです。
吉川直子先生

○お名前からお願いします。
吉川直子です。
○現在持っている資格はどのようなものがありますか?
社会保険労務士
生涯学習開発財団認定コーチ
○現在のお仕事は、何をされていますか?
社会保険労務士事務所経営です(コーチ業含む)
よしかわ労務コンサルティング(株式会社シェーナ)
○資格取得にいたる動機はどのようなものだったのですか?
勤務していた会社が倒産し、自分で失業給付や健康保険の切り替えを体験して、社会保険労務士の資格に興味を持ちました
○勉強方法や時間などはどれくらいかかりました?
専門学校に通いました。仕事が忙しくて、まともに勉強できなかったので、平日は電車の中や移動時間のみ勉強し、週末に専門学校に通い自習室で勉強しました。 合格までは合計2年かかりました。
○今は、ご家族とお住まいですか?
夫1人(!?)、子供(5ヶ月)1人 です。
○ご主人と子供さんがいらっしゃるとのことで、家庭と仕事(資格)の両立についてどう思われます?
実際に小さな子供を抱える身からすると、資格で独立起業したからこそ、仕事と家庭の両立ができたと思います。自宅でも仕事ができますし、また、1日24時間の仕事と家庭の時間配分も自分で決めることができますので、とても助かっています。
もちろんそれだけ自己管理など大変な面もありますが、メリットのほうが大きいです。
○今後資格を取られる方へアドバイスなどございましたら。
資格取得は目的ではなく、あくまでも手段だと思います。資格取得してどうなりたいのか?という資格取得後になりたい自分を明確にすることが大事だと思います!
○力を入れられているお仕事のご紹介などございましたら。
私は社会保険労務士のほかにコーチ業も行っておりますが、同じ資格業でも自分の専門を持つことはやはり差別化になると思います。
私自身資格業むけのパーソナルコーチングをはじめ、今後もブログ・メルマガ、ホームページなどでコーチングの情報提供も行っていきます。
コーチングに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください^^
よろしくお願いいたします!
★最近は島根などにも出張のおり、色々とお詳しい話ありがとうございます。私が吉川先生を知ったのは、コーチ、コーチングという言葉からでした。詳しくは長くなるのでさけますが、対話型マネジメントというような意味です。
社会保険労務士は、人事総務k系の資格ですので人事コンサルタントと、その発展系のコーチング手法は丁度良い相乗効果です。
実は、ここなのです。単に社会保険労務士の資格など取っても、それだけでお金がもらえるわけはないのですよね。
吉川先生もおっしゃられているように、私はコーチングを得意技として、社会保険労務士と絡めたと・・・。
資格取得をするときは、目標をもって、自分にとって得意なものは何かを考えていく。この点凄く参考になると思います。先生どうもありがとうございました。
ちなみに、先生が書籍を出版されました。
人ひとり雇うときに読む本というタイトルです。人に特化したコーチングをしていらっしゃる先生ならではのテーマです。
吉川先生の最新本 増版出来です。