宅建試験はどんな資格?

宅建試験は 財団法人 不動産適正取引推進機構が管理運営しています。
不動産会社は(いわゆる不動産屋さん)は、従業員5人に1人の宅地建物取引主任者を必ず置く必要があります。法律に詳しい者を置いて、取引の潤滑さとお客さんの保護を図るためです。
5人に一人ということですから、社員が多ければ多いほど、ニーズは高まります。その分数人の宅建主任者を必ず置く必要がありますので、就職活動や法律の基礎の資格として非常に使い道があります。