法律の条文は難しい?

法律系の試験は、範囲が広くてどれも難しいと言われています。果たして本当でしょうか?

実は資格試験が難しいと感じる原因は英語と同じように、日本語ではなく法律語で書いてあるからです。

そのために、そもそも書いてある意味がわからないという前提があります。まず、英語の単語と文法を覚えるようなものです。

これは仕方ありません。「ッウカ~、チョ~、マジ、ウザクネー」などと、最近の若い子が話すような(私もおっさんやね)言葉では困るのです。

トラブル防止のため、例外を認めないないような言葉遣いにしておく。それが法律の条文です。

単語を一から覚えていれば、それは膨大な時間がかかります。まずは全体、特に目次をよく読んで科目の概要や内容を感覚的に抑えましょう。
好きな人や旦那の好みは何かを調べるでしょ?それと同じですね。何が好きとか嫌いとか。同じくこの科目はこんなことを聞くんだとか。興味を持つという意味では同じ。ちなみに私は魚好き。関係ない?すいません・・・・。