開発許可がいらない場合

開発の許可がいらない場合
開発行為を行おうとする者でも、次のどれかに当たる場合は、例外的に開発許可は不要になります。全て、乱開発や無秩序な開発行為につながらない場合です。
ア.区域により広さの制限があります。乱開発がスプロール上に(都市郊外に宅地が無秩序、無計画に広がっていく現象)広がっていかないように防止して、秩序がある市街地を形成するためです。
1. 開発行為を「市街化区域」で行うときは、その規模が「1.000m2未満」の場合は、開発許可は不要です。
ただし、東京都の区域及び、3大都市圏の市街化区域内では、その規模が500m2未満の場合に、開発許可が不要になります。
なお都道府県の規則で、一定の区域に限定して、1.000m2未満の許可不要、500m2未満の許可不要を、300m2未満は許可不要にまで引き下げることが出来ます。
過去問
サラリーマンが自己の住宅を建築する目的で市街化区域内において行う開発行為で、その規模が 250平方メートルのものは、都市計画法による開発許可を受けなければならない。(50-18-1)
×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です