都市計画法の目的とは

都市計画法とは、みんなが住みよい、秩序のある街造りをするための計画のことです。
都市計画法の趣旨
★都市計画法は、みんなが住みよい街造りをするために、都市を計画的に形成して、都市の健全な発展と、秩序ある整備を図ることを目的としています。
住居が多い地域には、学校や公園が必要ですし、道路や上下水道などのライフラインも完備する必要があります。それを整えて、住みよい街造りをするための法律として、都市計画法を制定しました。
都市計画法は次のような順番で構成されています。全体の概要を掴んで下さい。
1. まず、みんなの住みよい街造りをするための場所を定める必要があります。つまり、都市計画をどこで行うかの、場所のお話です。これを、「都市計画区域」といいます。
2. 次に、都市計画の種類や内容を決めて行きます。それが、「都市計画の種類」のお話です。
3. 次に都市計画を決める者や、決める手続きなどを定めていきます。これが「都市計画の決定」のお話です。
4. そして、一定の都市計画について実際に作り上げる作業をする必要がありますが、それに伴い色々な建築上の制限が必要になります。これが、「都市計画の制限」の  お話です。
5. 最後に、無秩序な開発につながるおそれのある行為を規制する必要があります。「開発許可」のお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です