農地法の概要

農地法の基本的な考え方は、「農地は、その耕作者自らが所有して耕すのが一番よい」ということです。これを「自作農主義」といいます。農地法は戦後の農地改革で、昭和27年に定められました。
農地法は、主に「耕作者の地位の安定と、農業生産力の増進を図ることを目的」としています。簡単にいうと、農地を確保して、国内の食料自給率を上げ、農地の利用の効率化と農家の保護を図るための法律です。
それらの目的を達成するために、農地法は、次の4つの手段を用意しています。特に、3条から5条の許可が大事です。
1. 耕作目的での権利移動の許可制(3条許可)
2. 転用の許可制(4条許可)
3. 転用目的での権利移動の許可制(5条許可)
4. 農地・採草放牧地の賃借人の保護規定(18条)
全体の構成としては、国土法と似ていますよね。まずは概要を理解して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です