業者の業務停止処分

業務停止処分
次に重い処分である、「業務停止処分」とは、「1年以内の期間を定めて、業務の全部又は一部の停止」を命じることです。
業務の停止処分を受けている期間中は、取引の準備のために広告を行うことなども停止です。売買・交換・賃借の広告の掲載行為など、とにかく業務は全て停止です。
業務停止処分ができるのも、「免許権者」又は、「当該都道府県知事」です。指示処分と同じです。
過去問
宅地建物取引業者の広告に関して、宅地建物取引業者が宅地建物取引業法第65条第2項の規定による業務停止の処分を受けた場合、宅地建物の販売をすることはできないが、当該処分期間経過後の販売に関し、あらかじめ広告をすることはできる。(5-42-3)
ヒント 広告をすることも、全て停止です。
×