担保権の随伴性

さて、物的担保(担保物権)は、その性質により下の4つの特徴があります。これが基本ですから、これを元にお話していきます。今回はイの随伴性です。
ア.付従性  (ふじゅうせい)
イ.随伴性  (ずいはんせい)
ウ.不可分性 (ふかぶんせい)
エ.物上代位性(ぶつじょうだいいせい)
イ.随伴性(ずいはんせい)
随伴性とは、被担保債権が債権譲渡等により他に移転すれば、それに付随して、担保物権も移転するという性質です。奥さんの転勤について行く、だんなさんのようなものです。
例えば、債権者Aが債務者Bに対する債権をCに譲渡すれば、新債務者Cが新しい抵当権者になります。
これは、簡単ですね。とにかく、ついていくと覚えましょう。
過去問
担保物権には、一般に被担保債権が譲渡等により他に移転すれば、担保物権もそれに応じて移転するという性質がある。(53-6-2)
ヒント ついていきます〜。どこまでも