担保制度とは

担保制度とは、いざというときの借金のカタになるものです。例えば、B(債務者)がA(債権者)に1.000万円の借金をしている場合に、Bが借金を返済できないときの、カタになるのが担保です。時代劇などで女房をカタに入れるなどといいますよね。
将来、その人の経済状態がどうなるかわかりませんので、何か保証をしておきたいわけですね。
1.保証制度
担保制度には大きく分けて、「物的担保と人的担保」の2つがあります。
物的担保とは、借金のカタとして物を差し入れる制度です。別名、担保物権といいます。BがAに1.000万円の借金をしている場合、Bが借金を返済できないときのために、あらかじめ「物」をカタにいれて、物で払うことを約束しておくものです。
物的担保(担保物権)には、抵当権、質権、留置権、先取特権などの制度があります。
人的担保とは、借金のカタとして債務者以外の人の、支払能力を差し入れる制度です。人が担保になります。例えば、BがAに1.000万円の借金をしている場合、Bが借金を返済できないときのために、あらかじめ別のCが払うことを約束しておくものです。
人的担保には、保証、連帯債務などの制度があります。