建築協定

建築基準法は建物に対する最低限の法律です。
ということは、最低限、これだけは守って下さいという内容ですが、例えば、建築基準法には違反しないからといって、住宅街に凄く派手な看板をつけられても困りますよね。
また、高級住宅街として、3階建てまでしか建築出来ないような地域にしたい場合もあるでしょう。
しかし、こうした地域の決まりは、公共団体が決めるよりも、地元住民の合意で決めて行くのが一番よいのです。
つまり、建築協定とは、「一定区域の土地の所有者や借地権者が、住宅地や商店街としての環境を改善するために行う、地域の[約束事」のことです。公共団体が主体になるよりも、地元住民に、自主的に、住宅地や商店街としての環境の改善を決めさせた方が良い場合もありますので、この制度が出来ました。
建築協定で定めることができるのは、建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠(いしょう)、建築設備などについてです。
過去問
建築協定は、建築物の敷地、位置及び構造に関して定めることができるが、用途に関しては定めることができない。(5-24-3)
×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です