宅建試験過去問 平成17年 第4問目 消滅時効の問題

[問 4] 消滅時効の問題 下線がポイントです。
Aが有する権利の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
(1)Aが有する所有権は、取得のときから20年間行使しなかった場合、時効により消滅する。
(2)AのBに対する債権を被担保債権として、AがB所有の土地に抵当権を有している場合、被担保債権が時効により消滅するか否かにかかわらず、設定時から10年が経過すれば、抵当権はBに対しては時効により消滅する。
(3)AのCに対する債権が、CのAに対する債権と相殺できる状態であったにもかかわらず、Aが相殺することなく放置していたためにAのCに対する債権が時効により消滅した場合、Aは相殺することはできない。
(4)AのDに対する債権について、Dが消滅時効の完成後にAに対して債務を承認した場合には、Dが時効完成の事実を知らなかったとしても、Dは完成した消滅時効を援用することはできない。
1番 × 所有権は時効消滅しません。誰も住んでなくておいておいた、田舎の土地が、勝手に時効になったら困るでしょ。
2番 × これは難しいですね。担保物権は、被担保債権と一緒でなければ、消滅時効にはかかりません。被担保債権と担保物権は、夫婦の間柄だから。一体なのです。
ただし、抵当権は例外です。
抵当権の消滅時効として、債務者と抵当権設定者に対しては、被担保債権と一緒でなければ、消滅時効にはかかりません。原則通りです。
それ以外の、後順位抵当権者や、第三取得者(抵当権設定後の土地や家を所有者から、買った者)は、抵当権は「単独」で時効消滅します。期間は20年です。
つまり、本文部分は原則通りで○ですが、10年が20年なので、答えは× これはできなくても仕方がない。
3番 × 何回も過去問に出ています。債権者が忙しくて放っておいたことにより、先日まで相殺できたのに時効になるのは、少しかわいそうな気がしますよね。そこで、民法はこの場合も相殺を認めました。理由はこういった場合は当事者は「相殺したもの」と思い込んでいる場合が多いため、安定を図ろうとしたのです。
類似問題
AがBに対して100万円の金銭債権、BがAに対して100万円の同種の債権を有する場合(AB間に特約はないものとする)、Aの債権が時効によって消滅した後でも、時効完成前にBの債権と相殺適状にあれば、Aは、Bに対して相殺をすることができる。(7-8-1) ○
4番 ○ だって、債務者は債務を認めているわけでしょ。だったら、問題はない。債務を認めておいて時効を主張するなんざぁ。天は許しません。
というわけで、2番はいやらしい問題なので悩むと思いますが、常識的に考えて4番で正解できると思います。