宅建試験 法令上の制限

法令上の制限
法令上の制限とは、土地の利用に関する、さまざまな法律上の制限のことをいいます。
簡単にお話しますと、街を造っていくときに、個人が勝手に色々な建物を建ててしまっては、秩序ある街にはなりません。そのため、みんなの街の相互的な発展のため、色々な土地の利用に規制を加えたのです。
ここでは、主として都市計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法、宅地造成規制法、土地区画整理法から出題されます。本試験では、通常10問出題されますので、少なくても、7問の正解を目指しましょう。
とは、言っても、受験生の方は、法令上の制限に関しては、めげる人が多いです。嫌になる場合が多いです・・・。
ポイントとしては、非常に範囲が広いので、ざっと目を通して、全体の概要をつかんでから、過去問中心に理解をしていって下さい。問われている所は、毎年同じところが多いので、結局それが一番早い方法です。あまり枝葉にまで手を出さないこと。
このHPでは都市計画法の概要をお話していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です