宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引業法の目的は、次のようになります。
★宅地建物取引業法の目的は、不動産取引のアマチュアであるお客さんを保護して、不動産の取引をスムーズに行うことです。そのために、プロの側である宅建業者を監督しやすいように、色々な規定を設けたのが、宅地建物取引業法です。
そこで、宅建業法は、宅地建物取引業を営むには、一定の数の取引主任者を置かなければならないとしました。取引主任者を置く目的は、以下の通りです。
★法律知識に詳しい者を、取引に関与させることで、お客さんを保護し、取引をスムーズに行うために、国が認定した国家資格を与えました。それが、宅地建物取引主任者です。
まずは、この法律の目的は、忘れないようにして下さい。結局はお客さん保護のためです。
取引主任者になるには
さて、今皆さんが勉強している、取引主任者ですが、取引主任者になるには次の3つの要件が必要です。ホップ・ステップ・ジャンプの3段階です。
ホップ   宅建試験に合格して
ステップ 試験を行った、都道府県知事の、登録を受けること
ジャンプ 取引主任者証の交付を受けること
この、ホップ・ステップ・ジャンプを、すべて飛び超えて取引主任者になれば「全国どこででも」取引主任者の事務(仕事)を行うことが出来ます。
過去問
取引主任者とは、都道府県知事が行う宅地建物取引主任者資格試験に合格した後、宅地建物取引業法第18条の規定に基づく登録を受けているものをいう。(60-46-3)
ヒント 合格+登録+主任者証の交付の3段構えです。
×