土地取引の事前届出制

土地取引の事前届出制
◎周辺相場より高値での土地取引が、その後の土地取引の基準になるのを防ぐ手段で、事後届出制より有効なものは、取引の「事前」に、都道府県知事に取引価格等を届け出させることです。取引をした後ではなく、事前に確認ができますから。
これが土地取引の「事前届出制」です。「国土利用計画法第27条の4または第27条の7」の事前届出制ともいいます。
「監視区域」とは、地価が「急激に上昇し、または上昇するおそれ」があり、これによって、適正かつ合理的な土地利用の確保が、困難となるおそれがあると認められる区域です。
過去問
監視区域は、都市計画法に規定する都市計画区域において、土地の投機的取引が相当範囲にわたり集中して行われ、又は行われるおそれがあり、及び地価が急激に上昇し、又は上昇するおそれがあると認められる区域について、指定す
る。(63-17-1)
×