事後届出制が適用される土地取引の種類

事後届出制が適用される土地取引の種類
◎定義は、土地の所有権、地上権及び賃借権を「対価を得て、移転または設定する契約(予約を含む)」のことです。
ここは、非常に過去問が多いところですので、しっかりと理解して下さい。
売買契約
引掛け問題ですが、自ら使用している土地の横の土地を、駐車場として取引する場合に、自ら使用している土地も届出が必要であるという問題が出されたことがありました。勿論、届出はいりませんよ。
また、共有の土地のときは、「共有持分」に応じて、取引の量を考えて下さい。
過去問
市街化区域(注視区域及び監視区域外)に所在する 5、000m2の土地をA・B・Cの3人が共有(持分均一)し、Aのみがその持分を売却する場合、届出が必要である。(4-17-2)
×