事後届出制が適用される土地取引の種類 交換

事後届出制が適用される土地取引の種類  交換契約
お互いに土地を交換する契約です。相手から土地という対価を得て、自分の土地の所有権を移転する契約ですから、対価を得てという定義に当てはまります。
売買契約と交換契約は、片方が金銭を使うか土地を使うかの差に過ぎません。金銭の授受がなくても、届出が必要です。
過去問
土地を交換する契約を締結した場合、金銭の授受がなければ、事後届出が必要となることはない。(12-16-1)
×