不動産の譲渡所得の税額

不動産の譲渡所得の税額
不動産の譲渡所得とは、個人が不動産を売却したときに、その個人が得た売却代金のことです。不動産の譲渡所得には、その不動産の所有期間に応じて、「長期譲渡所得と短期譲渡所得」があります。
譲渡先が誰かは関係ありません。所有期間のみでどちらかにわかれます。
ア.長期譲渡所得
譲渡した年の1月1日現在の所有期間が、5年を超えている不動産の譲渡による所得です。
イ.短期譲渡所得
譲渡した年の1月1日現在の所有期間が、5年以下の不動産の譲渡による所得です。
今年1月1日における所有期間が7年6カ月の土地を譲渡した場合の譲渡所得は、短期譲渡所得となる。(63-29-1)
×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です